神社で行う結婚式|日本人だからこそ似合う和婚|素敵な結婚式にしよう
新郎新婦

日本人だからこそ似合う和婚|素敵な結婚式にしよう

神社で行う結婚式

花嫁

シンプルな挙式

結婚する二人が誓いを交わすのが、結婚式の目的になります。最近はキリスト教式のものや、形にとらわれないいろいろなオリジナルな結婚式も執り行われています。ユニークな演出を企画して、華やかな結婚式が行われています。このような華やかな結婚式が行われる一方で、シンプルな形をとる結婚式もあります。神社で行われる神社挙式で、三々九度の盃を交わして荘厳で厳かな雰囲気が醸し出されることから、神社挙式が人気になっています。神社挙式を行うときは、式を挙げた後で別に披露宴の会場を設ける必要がありますが、最近はホテルや専門式場、レストランなどでも神棚を配置して、神社挙式が行われることが多くこれらの施設を利用すれば、披露宴の会場を別に設ける必要は出てきません。

厳かな場所で

華やいだ結婚式が行われている一方で、最近は全体的に堅実な方向に結婚式が戻りつつあります。結婚式を挙げることで、周囲の人の承認と祝福を受ける儀礼的な意味合いも持っています。自分たちの意見を無理に押し通すのではなく、親たちの希望や地方のしきたり、宗教的な背景などを考えて神社挙式を行う人が多くなっています。神社挙式は儀礼的なものが多く、それを行うことで本人たちはもちろんのこと、本人たちに連なっている家族の人たちも結婚をしたんだという自覚が、強く出てきます。自分が育った地元の神社にお願いして、挙式を行う人も増えてきています。結婚人生の始まりは、穏やかで厳かなところでと考えている人が多くなってきている証拠です。